本文へスキップ

意外と知らないアルバイトスタッフの権利と制限

意外と知らないアルバイトスタッフの権利と制限

意外と知らないアルバイトスタッフの権利と制限

アルバイトをする方へ

アルバイトをしてお金を稼ぐにあたり、また既にアルバイトをしている方も、知っておくことにより損をしないで済む権利や制限があります。当サイトでは、その情報についてわかりやすくまとめていますので、興味のある方はぜひチェックしてみてください。

まず、アルバイトをする方・している方で、有給休暇とは無縁と思っている方は意外と多いのではないでしょうか。有給休暇は正社員や契約社員のみに認められている制度と思っている方は多いはずです。有給休暇は休みを取ったとしても、休んだ日の給料は受け取れるというしくみになっています。アルバイトも正社員や契約社員と一緒で労働者であり、有給休暇は発生するのです。

また、アルバイトをなるべく入れて、日数や労働時間を多くして稼ごう・稼いでいるという方も多いでしょう。アルバイトの労働日数・労働時間には法律による制限があることをご存知ない方もいます。超過すると何かペナルティがあるのではと心配になる方もいるでしょうが、逆にこの上限のことを知っていないと金銭的に損をしている可能性が高いです。実際にはもっと多くの給料を受け取れるにもかかわらず、それを取り逃しているかもしれないのです。

有給休暇や労働日数・労働時間の制限のことを知っておくと、アルバイト生活がより豊かなものになります。少ない労働日数・労働時間の方でも享受できるメリットがありますので、週に1日程度しかアルバイトを入れていないという方も、当サイトの情報をチェックしてみることをおすすめします。