本文へスキップ

意外と知らないアルバイトスタッフの権利と制限

意外と知らないアルバイトスタッフの権利と制限

意外と知らないアルバイトスタッフの権利と制限

労働時間の制限

アルバイトの労働時間には上限が定められています。労働基準法という法律に法定労働時間が存在するのです。週に40時間、日に8時間までがアルバイトの労働時間の上限です。これは、アルバイトの掛け持ちをしている場合も同じです。たとえば2つのアルバイトをしている方であれば、2つを合計した労働時間が週40時間、日に8時間までが上限となります。なお、法定労働時間に休憩時間は含まれません。もしも法定時間をオーバーして仕事をした場合ですが、このことをご存知ないという方が意外と多くいます。法定時間を超過した分は残業扱いで、割増賃金が発生するのです。

アルバイトを掛け持ちしている場合はどうなるのかといいますと、一社一社での仕事では週40時間、日に8時間を超過していなくても、トータルすると超過する場合には、あとから雇用契約を締結したアルバイト先が割り増しの給料を支払わなければいけない決まりになっています。なお、アルバイト先1で4時間、アルバイト先2で4時間の仕事をする予定のところ、アルバイト先1と2で4時間仕事をすることを把握しながら労働時間を延長する場合には、雇用契約を締結した順とは無関係に延長して仕事をさせたアルバイト先が割り増しの給料を支払うことになります。